星の海、風に舞う花〈上〉

とあ🍮
@Toah_mo

エピローグ

エピローグ


 長い長い、夢を見ていた。


 あたたかくて、穏やかで――そして、優しい夢。


 だけど私は、気づいてしまった。


 それが、誰かの犠牲の上に成り立っていたということに。


 胸を貫くような痛みとともに、全ては、かげろうのように揺らいで消える。


 向かうべき場所はわかっている。


 幼い日、置き去りにしてきた記憶が、遠くから私を呼んでいた。






 『星の海、風に舞う花〈上〉』ー完ー

著作者の他の作品

かつてアークスの特殊部隊に所属し、エリートとして将来を嘱望されていたリヴ...

星の海の向こう、どこか遠い場所。惑星間を航行する宇宙船団オラクルの片隅で...