嘆きのoltremare -蒼蓮華伝-

柚妃@うさまらーさんと仲良くなりたい
@weisswinde

ハンバーグと籠球

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。


山本がポジションに戻ると相手ボールとなったそれは獄寺側のオフェンスにパスされるが、パンっと見事なカット音でスティールボールとなったそれをボールを取りに来た蓮華へとビハインドパスで渡す。それをキャッチするとまた軽快なドリブルで攻め立てる。が、しかし、ダブルスを組まれ、仕方なく停止するとスリーポイントラインを少しすぎた辺り。





「甘かったな、お嬢ちゃん」



「そうね…糖蜜のように甘く男の冷静さを掻き乱す」



「なんだとっ!!」




そう叫んだ瞬間に漸く気付いた。既に彼女がボールを持っていなかったことに。振り向くと同時に女子達の黄色い声援が響く。決まったシュートも打った彼も華麗でもう女子達の声は悲鳴に近い。



「ナイシュー」



「……ナイスパス」



パンっと軽い片手のハイタッチ。

その直後、獄寺は笑いながら近付いてきた山本に文句を言う彼。

こんな調子で着実に点差を縮める。オーバーパスをカットした山本がそのまま速攻で攻め、蓮華と獄寺がスクリーンでアシストした時も女子達の声援は激しかった。女子達は授業をそっちのけで応援をしているのに気付く。



「ツナ、次、頑張ってみない?」



「え?」



「京子ちゃんにいいとこ見せるチャンスだよ」



「む、無理だっ!!」



「ツナ、何事もやらずに無理なんて言っちゃだめよ。」



すっと口に人差し指を押しつけられ言葉を止められる。自分の姉なのにドキッとさせられていることに気付くと慌てて京子ちゃんに視線を向ける。

その時、‘ツナくーん’と京子が彼に声援を送っているのが見えた。



「ツーくん、もー頑張るしかないねぇ」



‘ちゃんとアシストするよ’とウインクをするとポジションにつく。相変わらず華麗なカッティングでスティールボールを作ると獄寺と2人で侵攻していく。

その時、‘いくよ、ツナ’と心に響く。その声は耳から聞こえたわけではない。蓮華も自分を見ていない。自分には誰もディフェンスがついていない。

視線はボールだけを見つめると自分に向かって飛んできた。

必死にキャッチし、ゴールに向かって投げようとした瞬間に‘まだ’と心に響く。そして、ワンクッション置いて‘今よ’とまた響いた。


綺麗に曲線を描いたボールはズポッという音と共にゴールリングへと吸い込まれる。湧き上がる歓声、涙ながらに喜ぶ獄寺の向こうで蓮華が優しく微笑んだ。



‘無理じゃなかったでしょ’



と優しく囁いている気がした。




その後、ディフェンス中に山本がパスカットをしスティールボールを作る。パスを受けとるとマンツーマンでディフェンスにつかれる。視線をあげ、進もうとした瞬間に相手に足をかけられた。勢い良く転倒した為に一瞬何が起こったかわからなかったが主審の笛に首を振る相手を見た瞬間に自分が何をされたか気付く。




「蓮っ!!大丈夫かっ!?」



「…………」



「何処か打ったの?保健室行こう」



「………」



「おい、聞いてんのかよ?」




転倒した蓮華に駆け寄った面々は声をかけるが一言も喋らない。頭の打ち所が悪かったのだろうか…しかし、蓮華は俯いたままだったため、表情は窺えない。



「…………ツナ」



「ん?」



「アイツ等シメるよ」



「蓮?」



「あったまきた。1、2点差くらいで面子立たせてやろうかと思ったけど、手加減するのヤメタ。」



顔を上げた彼女の目は昨日垣間見た捕食者の目。しかも、今回は冗談という様子はない。



「ツナ、タケシ、ハヤト……アイツ等嬲り倒すよ」



「蓮っ!!」



「なんか文句でも?」



「「「イ、イイエ」」」



女帝御降臨。既にキャラが変わっているし、いきなり呼び捨てにされた2人は唖然としている。

ツナは内心嘆いた。優しかった姉に悪影響を与えているのは間違い無くあの風紀委員長だと。



立ち上がった彼女が右足で地を蹴ると少し湿った床はキュッキュッと鳴る。



スローインすると相手は既にゾーンの体制。スリーポイントライン内には入れないといいように2:3のフォーメーションを取る。つまりシュートは獄寺に任せるか、そのまま蓮華が切り込むかしかないが、ゴール下の守りは厚い。つまり、逃げ道は一つしかない。そう読んでか、前方の2人の意識はパスを出すであろう獄寺に向けられている。



「タケシっ!!」




そう叫んだ彼女は両手でシュートを打った後。彼女が立っているのはスリーポイントエリア。

ボードに当たったボールは山本が切り込んだ丁度そこに落ちる。そのまま、シュートを打てば見事にゴールに吸い込まれた、また歓声が聞こえた。



「山本~逆転シュート凄かったよ。」



「あ、ああ。蓮のパスのお陰だって。蓮、ナイスパス」



「…あ、うん。ナイシュ。」



そう、あればシュートではなく、パス。それを察した獄寺もあえて自分に注意を集めたのだ。明らかに様子のおかしい蓮華はまた右足で床を蹴る。その姿を横目にスローインがされた。ほんの一瞬、ポイントガードが彼女の横を抜けようとした瞬間にボールは既にスティール。先程より早いリズムを刻むドリブルは彼女の怒りを現しているようであった。

そのまま、レイアップシュート。形は綺麗だが着地に違和感が残る。その様子に気付いたのは一緒にフルコートを走りつづけた獄寺と彼女のシュートフォームを手本にしようとしていた山本だけであった。



「蓮華、大丈夫か?」



「ん、ちょっと頭冷えてきた」



そう答える蓮華の目は冷めるどころか燃えているように見える。三度、床を蹴る彼女に漸く事実を察した獄寺が声をかけるが涼しい顔で首を振った。とんだ頑固者の負けず嫌いだ。




.



3 / 5