知能と解法

水波形@中二病シナリオライター
@suihakei

終わらない解

1995年2月13日。

この日をご存知だろうか?


そう、「フェルマーの最終定理」が証明された年月日だ。

何百年と人の時間を奪い、死に追いやったフェルマーの最終定理と言う悪魔。


絶対に解けない。

解くことができない。


そう言われ続けてきたが、それでもなお解こうと必死にもがいた人たちがいた。

そしてワイルズによって証明された。


この世の中に、解けないものはない。

解き、その快感を得るために数学者達は数式をいじる。


数式はいたるところにある。


PCだって数式で動いている。

商品のレコメンドは、ベクトル空間の賜物だ。


彼もまた、そんな無謀なことに挑戦する男だ。


「……ぐっ……」


グシャリと紙を丸める。


『量子テレポーテーション』


簡単に言うと、

電気信号が、2つの量子の中でまるでテレポートしたように伝わる事を言う。


例えば、

片側の量子に1という情報を与えると、もう片方の量子も1という情報を持っているのだ。


しかし、そのような事が分かっているだけで、何故そうなるのかはわからない。

量子の世界は、知れば知るほどわからなくなる。


またグシャリと、男は紙を丸めて背後に捨てた。

嫁も彼女も家族もいない。

ボロボロのアパートで一人、納得のいく理論を見つけるまで、

はたまた彼の寿命が尽きるまで、彼は数式を解き続けるだろう。


これが数学に、数式に魅入られた人間の姿である。