表紙

illust / 空宮

砂時計

空宮@Ibボイスドラマ
@chesyalice_t7s

下らなくてつまらない日常が好きだった。
道端に寝転がる猫を可愛いねと撫でること。
夕暮れに向かって交互にブランコを漕ぎ合うこと。
コーヒーに砂糖を入れるか入れないかで喧嘩すること。
そのどれもが優しくて暖かい、ふわふわした思い出。

それら全て、忘れてしまう日が来るなんて。
思い出して、あの日のことを。
消し去らないで、傍にいて。
君は、どうして──。

***
童話の国のアリスを間違えて消しました。悲しいです。気を取り直していきましょう。
少し重めの恋愛小説です。私はたいやきは頭から食べます。糖分って摂るとすごく幸せになれる気がしますよね。ね。

目次
著作者の他の作品

魔法が使える小さなセカイ。町はずれの森の中で、二人静かに暮らすノワールと...