話題の生きものを飼ってみた。

宇鷺 林檎
@RingoUsagi1020

#3 安吾さんside

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。

 翌日も休日。琴乃は家から持ってきたドールハウスを外で洗浄していた。

 家、というのは琴乃の実家の事だ。彼女は病に倒れた母の為、僕と共に異能特務課で働いている。その為に今、琴乃は僕の家で暮らしている。


「…ほらっ、綺麗になったよ、たれまるっ」

「きゅうー。」たれまるは外で、人形サイズの日傘を差して、琴乃の奮闘する姿を見物し、歓喜の声をあげた。因みにこの傘も家から持ってきたらしい。

「…うんうん。丁度良い大きさねー。ねぇ、たれまる。気に入ってくれた?」

「ぴいぴい」

 どうやら気に入ったらしい。嬉しそうに笑っているように見える…、気がする。

 それから直ぐに琴乃は別の作業に取り掛かった。次はたれまるヽヽヽヽの寝床を製作するらしい。

「…やれやれ。」琴乃は、たれまるにばかりかまけている。



1 / 2

著作者の他の作品

「架空OL日記」というテレビ番組に触発され、書くことを決めました。因みに、...

*今作は、『或る遊園地』の続編となります。が、前作の様に文豪ストレイドッ...