眠り姫

白雪林檎
@sw__apple

2.

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。

「岩ちゃん、また今年も同じクラスだね!」


「まじか...またクソ川と一緒かよ.....」


「酷いよ岩ちゃん!?」



入学式が終わり、教室に戻る。

俺の席は窓側の一番後ろ。



「授業中何かしてきたらぶん殴る」


「えぇっ!!」


二人で話していると、俺の隣の席に人が来た。


「よろしくね、俺及川.......って」




隣の子は




「あっ...さっきの.....!」



桜の木の下にいた女の子だった。



「あっ...!さっきはありがとうございました!同い年だったんですね、私てっきり先輩だと.......」


そう言って彼女はふわりと笑った。




「私、城間姫って言います

よろしくね、及川くん」


著作者の他の作品

私は、先輩の事が大好きだった。─────────────────▼木葉先輩が不憫ですごめん...