捻くれ者の素直な言葉

疑問と答え

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。

ここ最近、僕が疑問に思っていたことを聞いてみた。


「ねえ、何で避けるの?僕、何かした?」


影山が「ツッキー、何であの時、私にキスしようとしたの?」と僕の質問の返事とは違う答えが返ってきて「え?」と声が出てしまった。


「あっ勘違いならいいや。」と撤回しようとしてきたけど、


直ぐになんのことを言っているのかわかり、「いや…」と言葉に詰まっていたら、


影山は真剣な顔でこちらを見つめ「目を開けたら、ツッキーの顔が目の前にあってドキッてしちゃって、それからツッキーの顔が見れなくなったの。」と話してきた。


続けて「私、ツッキーのことが気になって、どうすればいいのかわからないの!」と泣き顔で話しかけてきた。


「良かった。君に避けられて嫌われたかと思った。」とその彼女の答えに安堵した。


と同時に、何故、嫌われたくなかったのか?という疑問も生じた。


あー。


そして、僕は先ほどの質問を振り返り、ある言葉を投げかけてみた。


「ねえ影山。キスしようとした理由を教えてあげようか?」


「君が好きだからだよ。」


ひねくれ者の素直な言葉。