藤玉BL

yellowxxx3
@yellowxxx3

音色

ある朝

『ガヤ…』

と 玉はベッドの上で目を覚ました。

だがガヤは隣にいない。


その頃ガヤは、キッチンで、玉が飲むカフェオレの分と、自分が飲むブラック用のコーヒー豆を挽いていた。

すると、玉がやって来た。

ガヤは

『裕太。おはよ』

と言う。

が、玉からの返事はなく、玉は壁に寄りかかっている。

ガヤは

『まだ眠たいのか?』

と言う。

玉はガヤを見つめ

『…… ガヤ…』

と言った。


続きはこちらへ…小説サイトです

http://id42.fm-p.jp/354/yellowgo/